2012年8月13日月曜日

完全なる余談

このところ
資産家について色々と書きすぎたため、
いわゆる「玉の輿婚」「セレブ婚」の情報を求めて
このブログへ流れ着く人もあろうかと思うので、

占星術とは関係ない話になりますが、

いわゆる資産家の人物が
どういう異性を好むか、
私の友人等から聞かされる話を参考に、
また、彼らの家に少しでも良い縁が巡ってくるよう
箇条書きしておきます。

(1)自立心が高く、いざとなったら1人でやっていけるスキルがある。
(2)逆境に耐えそうな根性を持っている。
(3)体がほどほどに健康である。
(4)最低限の教養がある。(これが無ければ、平均よりも高い教養をもつ一族となじめない。.)
(5)金銭感覚がしっかりしており、大金を見ても動じない。(大金に目がくらむようでは...)
(6)血筋的、あるいは人相的に見て、男児を出産する可能性が高い。(女子の場合)
(7)清潔感がある事。顔の美醜よりも、品のある化粧や服装ができるかどうか。
(8)面倒見がよく、周囲の人間の評判が良い。(普通の家よりも世間体を気にします)

あとは普通に、
本人や家族に犯罪歴がないかとか、
借金がないかとか、常識的な事になりますが。

(1)と(2)はかなり大事です。
これが無い場合は、
そのかわりに実家が大金持ちだとか、家柄にブランド的な価値があるとか、
いわゆる政略結婚に用いられるだけの条件がそろっているかを問われます。

(8)に挙げた面倒見の良さも大事です。
なぜなら、そこそこ名誉がある家に入ると、
色々な世話役が回ってくるので、
それをこなせる器量・頭の良さが必要になってくるのです。
もちろん旦那のサポート役としても、面倒見の良さは大切です。

残念ながら、ただ容姿が美しいだけでは、
もし結婚しても結婚後の生活が大変です。離婚するのも時間の問題でしょう。

また、かろうじて離婚しなかった場合でも、
その代わりに生まれてきた子供の心が屈折します。
子供は親の心を写す鏡です。
実際に、屈折して育ってしまう人が多いです。

親がしっかりしていなければなりません。
例えばもし骨肉の遺産相続争いが起きたとしても、
多感な子供の心を守りきるだけの精神力が必要です。
ゾッとする話ですが、
残念ながら相続争いは実際に多いのです。

以前このブログに、
私がとつぜん資産家の異性を紹介される事がある、という話を書きましたが、
その時の仲介人は一体
どういう理由で私を紹介するのかと言うと、
理由はだいたい
「しっかりしているから。」
という事で、
要するに、この女ならあの家に嫁いでもやっていけるんじゃないか、
という風に仲介者が判断しているわけです。

実際は繊細な性格で困っているのですが、
まぁ外目には、ずいぶん しっかりして見えるようですね(^^;)

ちなみに私の本名は、総格数が31画なのですが、
これは「他人の家に入った時に
その家系を盛り立てていく数」とも言われており、

もしかすると、
この画数のせいで、紹介されやすいという理由も
あるかも知れません。

特に後継者として養子を迎え入れる際に、好まれる画数です。