2013年4月11日木曜日

相手がいないと嘆く人

占星術とは 全く関係ない話になるのですが。

よく恋愛とか結婚について、
相手がいないとか、
出会いがないという愚痴がありますが。

私みたいに、
出会いの数も恋愛の数も多いのに
なぜか結婚に至れないパターンは置いといて、、、、

それ以前の段階で「相手がみつからない」と愚痴る人は、
まず、理想の相手に巡り合えない自分自身の精神レベルを問うべきじゃないかと・・・。

「いい相手がいない!」 って愚痴を言っちゃう人、
そういう人って、
申し訳ないですけど客観的にみてみると、
そもそも本人自身のレベルが、求めている相手のレベルに釣り合ってない事多いですよね・・・。
だから出会えない....というか、
もっと正確にズバッと言っちゃうと、
ぜんぜん出会っているのに
お互いに全く感知し合ってないから、存在に気付かない。
感知しあわない理由は簡単ですよね。
お互いに、住んでる精神の次元が異うからなんですよね。
レベルが合ってないから、ビビッと来ない。


感知し合わなければ、
つまり相手の存在に気付けるだけの精神レベルにいなければ、
どんなにたくさん出会っていても
存在しないと同じ事ですよね・・・・。

酒なんか飲んで愚痴ってる場合じゃないだろ、
すぐ近くにいるじゃないか、とか思うんですけどね。
かと言って、教えてあげるのもどうかなと思うし。

目の前にいるのに気付き合えないような者同士が、
深い仲になったとして、どうやって上手くやっていけるというのか・・・
それを敢えて、例えば私のような人間が人為的に教えてしまって、いいんだろうか? と。

そう思って、けっきょく、だんまりですね・・・

・・・・・。

やっぱり、意図的に教えてあげるべきじゃないよなぁ・・・・・・

いやでも・・・う~ん、どうだろうなぁ・・・

難しい問題だなぁ、なにげに・・・