2013年8月5日月曜日

幸せな人の定義

チャートを見て幸運な星の配置をしている人は、
たとえ人生で苦労をしていても
その苦労に無自覚な人が多く、
面白いものだなと思う。

本人が苦労を苦労と受け止めていなければ、
そりゃ、幸せに決まっている。

家族を失っても、
財産を失っても、
敵ばかり現れても、

何かしらの幸せを見出して前へ進んでいく。

自分のことを基本的には幸せだと思っているから、
苦労の中にいても他人に優しくなれるし、
また他人からも優しくされる。

でも、

客観的にみると、
こういう人はだいたい人並み以上に苦労をしている。

最終的には、みんな平等に出来ているんじゃないかと
つくづく思わされる。

チャートを見て
「あなたは幸運だ」とか「不幸だ」とか言うのは、
本当は間違ってるよなーと強く思う最近。