2017年3月10日金曜日

占い師の報酬(2)

報酬の平均値を引き上げるには、
どういう方法が適当なのか、少し考えてみた。
まず、圧倒的に問題なのは、
チャート(分割図)の解析にどれだけ手間隙がかかるかを、きちんと説明してくれているサイトが、ほぼ皆無な点である。
自動で吉凶を占ってくれるようなソフト、その手のものは、かなり適当な結果しか出さない(出せない)。しかしそういう事は、一般の人は知りえないだろう。
基礎知識として、そのあたりの現実を教えてくれる、親切なサイトは必要である。
現状はほとんどが、占う側の人向けに書かれた、専門用語ばかりの、実に小難しいサイトである。
なんだか難しそうな事が書いてあるなぁ~すごいなぁ~という雰囲気はあれど、それを見て実際の労力を察することは、ほぼ不可能だ。
これは特殊な業界にありがちな傾向だが、
やっている本人達は、こんなに専門知識を持っているのに、なぜ労力が理解してもらえないのかと頭をひねりがちである。しかし本当は、専門知識ばかり出してくるからこそ、逆に全く伝わらないのである。外野から見てみれば、そこに親切さなど、微塵も存在していない。
実のところ、そうした行き違いさえ解消できれば、
依頼者は安心するし、サービスの提供者は妥当な報酬を獲得できる、そしてやりたい仕事に専念できるという流れになる。
なかなかどうして、世の中の仕事の9割は、行き違いを解消できないまま回っている。残念なことである。
それから、既にこういうパターンはあまた存在すると思うが、
お試しコースからシンプルコース、エクセレントコースまで、同じ占いにもランクが欲しい。
エクセレントコースは最も解析にかける時間が長く、とうぜん、報酬もそれに見合った金額を設定する。
丁寧に解析して欲しい人にとっては、その方が安心だからである。
たとえ仕事を取る気がなくても、一応、高額な特別コースは設定しておいた方が良い。
そのコースを選ぶ依頼者がゼロだったとしても、きちんと設定がされているというだけで、安心するのが依頼者心理である。実際に依頼してくるのは、中くらいか、安いコースでかまわない。
安いかわりに簡単な分析になりますよ、という事さえ分かりやすく伝われば、依頼者は安心する。ひいては、一度はちゃんとしたコースに依頼してみようかな?という気も起きてくるのである。
依頼をしてみようと思い、サイトを検索すると、「サービスの提供は休止中」となっている所ばかりで残念だ。
設定料金を見る限り、報酬が低すぎることが最大の問題ではないかと懸念する。