2017年5月1日月曜日

続・火星期、ラーフ期(4)

日記など、自分が付けてきたあらゆる記録を、可能な限りかき集めて、
過去のダシャーと体験した出来事とを、詳細に照らし合わせた結果、
良い事が起きた時は、ことごとく火星かラーフの時期(火星よりもラーフが強力)だった事が判明し、口から泡を吹く思いがしている。
アンタルダシャーよりも細かい、プラティヤンタルダシャーまで照らし合わせたので、もう決定的と言っていい。
逆に、最悪だった時期は、ことごとく水星期。
中でも、水星がダブルで関わったダシャー期で、火星がダシャーに絡んでいない時は、転落具合が極端で、不運としか言いようがない。
それでも、水星の次のケートゥ期には、強引に再起してしまうのだけど....。

てっきり、金星や月の方が悪いと思っていたのに、まさかの水星。
見た感じ、水星にはほとんど問題がないのに....。

また研究事項が増えてしまった。


しかし本当に、残しておくもんですね、日記。

関連記事:
火星期、ラーフ期
続・火星期、ラーフ期(1)
続・火星期、ラーフ期(2)
続・火星期、ラーフ期(3)
ラーフ期について思い出した事