2017年6月16日金曜日

ダシャーの運勢

自分の人生は、かなり以前から、
どう考えてもラーシよりもナバムシャベースに切り替わっている。
経験した出来事とダシャーとを照らし合わせてゆくと、
おおむね20年近く前、遅く見積もっても15年は前に移行している。
そのため、ラーシを中心に分析すると、現実との食い違いが出てくるのに、
ナバムシャで分析するとあっさり辻褄が合う、という事が多々ある。
そのことに気付いてからは、
このブログで自分について書く時、
ほとんどナバムシャを中心に分析している。

最近、自分のダシャーの水星期に異様に悪い出来事が集中している事に気づき、
原因を求めていたが、全く分からなかった。
そこでナバムシャに絞り込んで、色々考え込んでいる。

ダシャーの運勢を見る時は、
そのダシャーの惑星の状態を見る以外にも、
その惑星が在住しているハウスをラグナに見立てるという方法が、一般的だ。
しかし私は、この方法であまりシックリきた事があまりなかったため、ほとんど無視していた。

しかし水星の件で行き詰ったため、
改めてナバムシャを水星ラグナで見たところ、
これがまぁ、けっこう、救いようがないほど配置が悪い。
5室・9室・木星・金星の状態が、どれも悪い上に、
月の状態もパッとしない。
さらに、ケンドラハウスの4-7-10室に全く星がないという、実にけったいな配置になっている。
ここまで悪いと、さすがに無視できない気はするが、
しかしそれでも、まだ腑に落ちない。
もっと決定的に悪い何かがないと、自分の水星期の泥沼感、毎回一方的に不運が直撃してくる感じを、表現しきれない気がする。
大事な見落としが1つや2つ、ありそうだ。